« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月19日 (火)

出てきた

先週、月曜日に実はテンがヘアゴムを丸呑みしたんだよねぇgawk

次の日病院へ連れていったけど、ヘアゴムはレントゲンじゃ写らないし、まぁそのうちンコと一緒にプリッと出てくるかも・・・?ってことで1週間様子を見ようってことでほっといたんですよ。

で、毎日ンコチェックしてるんだが出てこなくて(笑)

1週間経過しちゃいましたよ。

8

そもそも、ゴムで遊んでたんだけどそろそろ飽きてきたようで取り上げようとしてたとこに酔っ払いが帰ってきて、一緒にキャッキャとアホみたいに遊んでて「いい加減なとこで取り上げてよ」って言ったら意地になったヤツラの戦いが始まって・・・。

よこせ!イヤだ!ですったもんだしてたらテンが取られるくらいなら「ゴクッ」という作戦を決行shock

はぁ~。頭使えばいいのに。

性格からいってもテンが素直に渡すわけねぇよ。

おやつと交換なら応じたはずなのにね。

これがリューイなら怒られてはなさなくても「そろそろ言うこと聞かないとマジで切れるぞannoy」と言えば「はいはい・・・」ってはなすだろうな。

コクシだと「やっだねぇ~。楽しいもーん」と言う素振りを見せるだろうから、「あっそ・・・サヨナラ」と無視したら急激に彼の中で冷めて「もう、コレいらんわぁ~」ってなる。

問題はハイテンションボーイで彼は怒られようが、一人でキャッキャ遊ぶだろうな。

だから白ご飯かオヤツ見せたら「そっちがいい!」って言うはず。

兄弟で性格がバラバラね。

そりゃそうだ赤の他犬の集まりだしgawk

なかなか出てこないヘアゴムに困ってました。

そもそもアレがテンの尻から出てくるんだろうか??と疑問だった。

パイル地のベビードーナツくらいの大きさのヘアゴム3

諦めてたら昨日知らない間にリバースしてたsign03

いっこも消化されてねぇ(笑)

そのままかよぉ。

一週間胃の中に温存されていたようです。

テンは吐かない体質だから上から出すの無理だろうと思ってた。

私が風呂入ってる隙に吐いたらしい。

やれやれcoldsweats01

これで腸閉塞はまぬがれた。

まぁ、そもそも飲んだ後もすこぶる元気だったんだけど。

ご飯にオヤツをガツガツ食べて、散歩行けばキャッキャしてたし。

今後は同じことしないように気をつけねばbearing

2

今日、ふと夕方外を見たら虹が出てました。

午前中は土砂降りだったけど、台風の影響もそんなになくてとりあえずよかったですnote

| | コメント (3)

2012年6月15日 (金)

初ドック

今日、人生初の人間ドックにチャレンジしてきましたsign03

先週から気が重かったけどdown

何がって、胃カメラを選択してたんだけど申し込んだ後にその病院では麻酔なしでやると判明し、そんなのムリムリ。

渋々、胃のレントゲンにしたが初バリウムにビビる。

マンモグラフィも選択したものの、痛いと知っているのでビビる。

そして、前日から体調がイマイチになり今日は朝からなんかおかしい。

クラクラする。今さら変更もできないだろうし諦めて朝早くから最高潮にどんよりモードで病院到着hospital

嫌いなものオンパレード。採血、バリウム、マンモ・・・。

採血はなぜかナースに「もしかして注射ダメなんじゃないの?」と見破られ、やる前から顔が真っ青と言われる。

ベッドで寝てやることに(笑)

私、必ずと言っていいほど失敗される腕の持ち主sad

ナース泣かせの血管浮かない腕らしい。やったあと内出血当たり前。

今日は緊張が伝わったのか、ナースが「あ・・・の・・・本当にごめんなさいね。血管が潜って逃げたからこれ以上やっても取れない。」と別の人にバトンタッチ。

道理で長いこと抜くなぁ~と思った。

痛恨のミスで2回やったcrying

どこ行っても「顔色が悪いけど大丈夫?」と言われ続ける。

検査前からフラフラだったしね。

先生の問診の際に「マンモとバリウムやっぱり拒否したい」と懇願したらマンモはエコーに変更してくれたnotes

今日やったら痛みのあまり倒れるだろうと(笑)

ただ、バリウムはチャレンジしてムリならリタイヤしていいと言われ、チャレンジすることにshock

バリウムはフルーチェみたいなドロッとしたのを想像してたが、思ったよりサラサラ。

見た感じいけるか・・・?と思ったが想定外のことがsign03

発砲剤が顆粒・・・。私、粉薬が飲めないっ。

バリウムのことは色んな人に聞き込みして覚悟できてたのにコレ聞いてねぇ!

半べそで発泡剤飲んだわ。

私にとってコレのほうがキツかった。バリウムは飲み干さなくても怒られんかったし。

ゲップも一切でなかった。具合悪さがピークでバリウムどうでもよかった。

結局、私は貧血であることが判明した。

治療した方がいいらしい。

貧血って校庭なんかで朝礼中にぶっ倒れる人だけが貧血なんだと思ってました。

じゃあ普段、このめまいがひどいのが貧血だったの?(笑)

知らなかった・・・happy02

身長が伸びていたのにへこみ、視力があがっていたのに驚く。

そして、先生から「首が腫れてる・・・。気付いてない?」と言われ病院を紹介される。

甲状腺かなぁと言われた。

わかんないからネットで調べて腫れてる人の画像みて「へぇ~鳩みたい」と思い、そういえば鏡見てないわ!と思って鏡見たら自分も鳩だったよchick

はぁ。体調悪いのコレが原因か?

数日前は普通だった気がするんだけどなぁ。

不思議だわ。

| | コメント (10)

2012年6月 5日 (火)

鳥取砂丘

砂の美術館を出て、久しぶりに砂丘へ。

土曜日は曇りだったので珍しく砂丘日和(笑)

足が焼けなくて済む。

ラクダでも見て帰るかぁ~と歩きだしたものの、なぜか二人とも何も言わないのになぜか海が見えるとこを目指してる・・・(笑)

2

あぁ・・・毎度の事ながら長い道のり・・・。

あの馬の背まで登らなきゃ日本海は見えない・・・wave

土曜日だったから観光客多いわ。

途中、しょっぱなから靴と靴下脱いでやる気マンマンファミリーを見て「今日は絶対靴脱がないぞ!」と決めた。

あんなおのぼりさんぽいことはしないぜ・・・。

が、途中までは今日は砂入ってる感0だったのに、この馬の背の登り斜面で一気に来たわぁsad

急激に砂の質が違う。

超サラサラ、登りづらい。ふくらはぎパンパン。

昔あったアブステッパーというダイエット器具やってんのか?ってくらい踏ん張りが利かず埋もれる。

3

やっと急斜面を登りきって海が見えたeye

みんな「うわぁ~」っと喜んでました。

この日は天気がイマイチで視界が悪いけどねぇ。

そして、後ろを振り返ると「あぁ・・・これからまたあっちに帰るまでの道のり長いわ・・・」とうんざりする。

で、ジャリジャリするスニーカーを脱ぐ決心をする(笑)

今日は砂も熱くないから子供達はキャッキャしてるけど、真夏に来た子はギャーギャー泣き叫ぶんだろうなぁ。

前に来たときはリューイとコクシがキャッキャと走りまわってた。

テンは来た事ないから連れてきたら喜んだだろうな。

5

土産物屋を見た帰り道、ラクダさん達今日の営業終了note

横断歩道を渡り、山の上に帰って行きました。

よく働いてたからなぁ。みんなやっぱり乗るんだね。

高いから乗ったことないけど。

6

駐車場に戻ったら「嫌がらせか!」と思った。

同じ車を横に停められてました。

しかも、同じ岡山ナンバーだった。

普段、この色乗ってる人めったに見ないんだが先月は珍しく4台ほど遭遇したかな?

普段は2ヶ月に1台見たらいいとこだね。

この色乗ってる人って同じこと思うのか、滅多に遭遇しないからすれ違いながら絶対見てるんだよね。

お互いに(笑)

よく目が合うわ~。これ乗ってる人と。

| | コメント (2)

2012年6月 2日 (土)

砂の美術館

久しぶりに3匹を留守番させて人間だけで遠出してきましたrvcar

どうしても行って見たかった鳥取にある「砂の美術館」です。

地元のスーパーで砂の美術館やその他観光地を巡るバスツアーが当たる懸賞をしてたから結構な数応募して当たったのは優待券だったdown

当たった私は7000円で同伴者は9000円だったかな?

でも土日に行くと料金アップだし、日程がなかなか合わないからこれなら自分達で行った方が安いかぁ・・・ってことで行ってきましたsign01

鳥取砂丘のすぐそばなので高速使うより普通に一般道通って行った方が早いかと思って、朝10時すぎに出発。

途中、休憩しつつ14時前には到着note

砂丘にくるの久しぶりだわ。

1

この春にオープンしたばかりの砂の美術館。

入り口前にはさっそく砂像が。

今回第5期展示のテーマは「イギリス」です。

なんでイギリスなんだろう?って思ってた。

今年オリンピックだからなのねぇ。

前から展示やってたのは知ってた。場所は同じ所だったのかどうかまでは知らないが。

前にやってた世界遺産展が一番見たかったんだけどねぇbearing

2

これは「タクシーとツーリスト」っていうタイトル。

しかし、入ってみんな「うわ~っ。すごい。」って言ってたけどホントそうだと思うsign03

よくもこれだけ作れたねぇ・・・って。

純粋に砂と水だけで固めて作ってる作品です。

のりとかは一切使ってないんだって!

3

ブルドッグもリアルだわぁ。

もう最初っから「さ、さ、触りてぇ~・・・」とウズウズします。

どんな感触なんだろうって。

他のお客は怒られてましたよ。

「そこの人、触るのやめてくださいねぇ~」って(笑)

でも、気持ちはみんな同じだろうな。

5

「ロンドン塔」

細かいとこまでリアルですよ。

6

エリザベス女王です。

よく似てるわぁ。

7

「衛兵パレード」

実物見ると衛兵がかぶってる頭の黒いモサモサした帽子?みたいなやつのモサモサ感もリアルに再現されてた。

ひたすら触りたくてウズウズしてました。

9

「ダーウィンとニュートン」

10

ダーウィンの横にいたチンパンジーもリアルぅ。

11

二階から見るとこんな感じですかね。

体育館程度の大きさの場所に砂像がたくさんあります。

崩れたらそれまでだそうですよ。

「崩れないように祈っておいてください」って看板に書いてた(笑)

最初に砂に水まいて、アスファルトを固める工事に使う機械で絞め固めてからこてやへらなどで削っていくそうです。

二階からみたらひび割れが見える砂像もあったからそのうち割れるのかな?

12

ちょうど期間限定で砂像アーティストの実演見学ができました。

運よく明日までが実演だった。

この横でガイドの人が実際に絞め固めた砂の実物を触らせてくれる場所があったんだけど、触ってみたらカッチカチの軽石みたいでしたよ。

ずーっと見てみたいと思っていたのが見れて満足heart04

入館料も600円と安いし。

ただ、思っていたより狭かったかな?

第5期のイギリス展は来年1月6日まででーす。

見たい人は早く行かないと崩れてるかも?

| | コメント (3)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »